欧州時間の外国為替市場は、午後11時に予定されているパウエルFRB議長の講演を前に全般的に落ち着いた値動きとなっている。午後5時24分時点でのドルインデックスは0.18%高の98.238となっている。<p ...

read more

以下が、本日の米国市場注目の3ポイントである。 1.パウエルFRB議長講演22日より、FRB高官らが集うジャクソンホール会議が始まっている。中でも特に注目を集めているのはジェローム・パウエルFRB議長による講演だ。パウエル氏による講演は、本日午後11時に予定されている。講演では世界的に国債利回りが低下している中で、FRBが今後どのような金融政策をとるのかについて示唆がされる可能性が高い。また同時刻、米商務省により新築住宅販売戸数(7月)が発表される。同指標は前月比で0.2%の減少となると見込まれているが、市場予想では、季節調整を加えれば前月の64万戸から68万6000戸にまで増加するとしている。<h2 ...

read more

23日、大幅高となったボーイング株(NYSE:BA)にけん引され、ダウ平均株価は上昇した。 ダウ平均株価の0.2%の上昇に対し、ボーイング株は4.3%の上昇となり、ダウ平均を98ドルも押し上げることとなった。 一方でS&P500は0.05%の下落、ナスダックは0.36%の下落となった。 ボーイング株は、墜落事故を起こした737MAXの運航再開が早まるとの観測から大幅な上昇が招かれた。 ボーイングはダウ平均株価の中で最も値がさの株式であるため、同指数に対し大きな影響力を持っている。 また他の銘柄はまちまちとなった。ダウ平均の構成銘柄のうち、半数は上昇している。 一方で、本日23時に予定されている、ジャクソンホール会議におけるパウエルFRB議長の講演にも注目が集まっている。 講演を控え、米国債利回りは上昇している。米10年債利回りは、前日の1.577%から1.617%に上昇している。 10年債と2年債のスプレッドは前日の4.30ベーシスポイントから4.21ベーシスポイントにまで狭まった。 一方でマイナス材料も存在する。S&amp;P ...

read more

23日、原油価格はジェローム・パウエルFRB議長による講演を控え、小幅高となっている。 オアンダのシニア市場アナリストであるジェフリー・ハレー氏はロイター通信のインタビューに対し、「本日、原油の値動きは落ち着いたものとなっているが、それは今夜に控えるジャクソンホール会議に関心が集まっているためだろう」とした。 現在市場は、世界経済の景気後退に対して予防的金融緩和をすると織り込んでいる。 15時45分時点で、WTI原油先物は0.33%高の55.53ドル、ブレント原油先物は0.47%の60.20ドルをつけている。 また、本日26時発表の石油リグ稼働数も注目を集めている。同指標は今週の原油生産量を予想する上でのヒントとなる。 先週の米石油リグ稼働数は、6基増の770と発表された。しかし前年比では11.4%の減少となっている。 またロイターの報道によれば、世界の原油供給におけるOPECのシェアは30%にまで減少し、過去10年で最小となった。ただロイターは、OPECは減産政策を維持するだろうとしている。 UBSの商品ストラテジストであるGiovanni ...

read more

23日、アジア株はジェローム・パウエルFRB議長による講演を控え上昇している。 15時30分時点で、香港ハンセン指数は0.47%高の26172.00をつけている。香港では今週末も大規模デモが実施される予定だ。 6月初旬にデモ活動が始まってからというものの、香港は1997年中国に返還されて以来となる危機的状況を迎えている。香港ハンセン指数は過去数週間で3000ポイント下落した。 一方、上海総合指数は0.6%高、深セン成分指数は0.2%高となっている。 また日経平均株価は0.4%上昇となった。ロイターの報道によれば、22日の日米貿易交渉では茂木敏充経済再生担当大臣が米通商代表部のロバート・ライトハイザー代表と4時間半に及ぶ会談を行ったものの合意には至らず、会談は1日延長されることとなった。 茂木氏は記者に対し「議論は煮詰まってきた」と述べた上で、想定通りではあるものの時間がかかっているとした。 一方、韓国のKOSPIは0.14%の下落、オーストラリアのASX ...

read more

前日の米国市場はダウ平均株価が上昇するもS&amp;P500とナスダック総合指数は下落するなどまちまちだった。カンザスシティー地区連銀のジョージ総裁とフィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁が相次いで、現時点での利下げの必要性はないと発言し、本日午後11時のパウエルFRB議長の講演も市場が期待するハト派的なものではないとの予測が先行し、株価の上値を重くした。また、製造業PMIがほぼ10年ぶりに50を下回ったことも市場心理を暗くした。その一方で737型機に関するニュースによりボーイング社 ...

read more

22日、金先物は下落している。7月FOMC議事要旨では追加利下げを示唆するも、明確な時期など期待を持たせるのを避ける内容であった。 ニューヨーク商品取引所(COMEX)における12月渡しの金先物は、0.5%安の1510.45ドルとなっている。 7月FOMC議事録では、将来の金融政策を決定するにあたっては、今後の経済指標の結果を要するという。 議事要旨の詳細な内容は以下の通りである。 「FOMCメンバーは、FF金利誘導目標レンジを設定する上で柔軟に対応することが重要であり、金融政策の短期的な調整は、経済指標による今後の経済見通しを基にしたものとなるということで総じて一致した」 また7月の利下げについてFOMCメンバーのほぼ全員が、大幅利下げの計画に合意することはせず、「金融政策の再調整であり、サイクル半ばでの調整」であることで一致している。 23日にはジェローム・パウエルFRB議長による待望のジャクソンホールでの講演が行われる。講演では今後の金融政策に関する最新情報が明らかになる。<a ...

read more

22日、米ドルは横ばいとなっている。投資家の関心は、21日公表された7月FOMC議事要旨に向けられている。 FOMC議事要旨では、7月利下げは米中貿易戦争や伸び悩むインフレ率への対策として実施されたことが明らかとなった。またジェローム・パウエルFRB議長は23日にジャクソンホールにて講演を行う予定で、先週起こった米国債の逆イールドに対しどのようなコメントを残すのかに注目が集まっている。 一方トランプ米大統領は100ベーシスポイントの利下げが必要であることを述べ、FRBが米国経済において唯一の逆風であると主張した。 トランプ氏は自身のツイッターにて以下のように主張している。 「中国をはじめとして貿易交渉は好調に推移している。しかし唯一の懸念点はジェローム・パウエル氏とFRBだ。彼はパターのできないゴルファーのようなものだ。大幅利下げを彼が決断すれば米国は大きく成長するだろうが、あまり彼に期待してはならない」 また17時00分時点で、ドルインデックスは0.12%安の98.058をつけている。 GBP/USDは小幅安となっている。仏大統領府高官は、ボリス・ジョンソン英首相がバックストップ条項の削除を要求している今、「合意なき離脱」が最も考えられるシナリオだと述べている。 ジョンソン氏は20日にバックストップ条項の削除をEUに求めている。バックストップ条項とは、英国がEUを離脱した後もアイルランド国境を現状通りに開放するという条項である。 一方でUSD/JPYは0.2%安の106.44円をつけている。アジア株が下落する中、安全資産の円に対する需要が高まった。 またAUD/USDは0.3%の下落、NZD/USDは0.4%の下落となっている。 <a ...

read more

22日、EIAの発表した週次原油在庫統計は予想を超える減少を見せるも、原油価格は下落している。 17時00分時点で、WTI原油先物は55.90ドル、ブレント原油先物は60.45ドルをつけている。 EIAの発表によれば、8月16日までの週における原油在庫は270万バレルの減少となり、予想の189万バレルを超える減少を見せた。 またガソリン在庫は30万バレルの増加、中間留分在庫は260万バレルの増加となった。 米中貿易摩擦が長引く中、原油需要の減少への懸念も原油価格にとって逆風となっている。 またトランプ米大統領は米国経済が短期的に打撃を受けたとしても「中国と対峙する」必要があると発言し、米中間における速やかな貿易合意成立への期待は後退した。 インベスティングドットコムのシニア商品アナリストであるバラーニ・クリシュナン氏は、7月FOMC議事要旨にて追加利下げへの示唆がされなかったことが、原油市場への投資心理を悪化させたという。 23日に予定されているジェローム・パウエルFRB議長による講演が現在関心を集めているが、クリシュナン氏はこの講演は「大幅利下げへの期待を裏切るものとなる可能性が高い」と予想している。<a ...

read more

以下が、本日の米国市場注目の3ポイントである。 1.セールスフォース決算報告ハイテク銘柄のセールスフォース・ドットコム(NYSE:CRM)とVMware(NYSE:VMW) ...

read more